初 祖 安谷白雲老師

           

  三宝教団(さんぼうきょうだん)は、1954年1月8日、安谷白雲(やすたに・はくうん)老師によって結成された禅仏教宗教法人である。
  安谷老師は1885年1月5日静岡県清水町に生まれ、13才にて曹洞宗の僧侶となった。1925年、原田祖岳(はらだ・そがく)老師(1871-1961年)に相見(しょうけん)、ついには彼の嗣法者の1人となる。安谷老師は、当時の曹洞宗門の僧侶たちが表面的な仏事法事の遂行に忙殺され、真の自己を徹証するという大切な修行に専心するのを怠っている様を嘆き、曹洞宗を離脱。主として在家の真剣な求道者らを対象に、仏祖正伝の禅を普及せしめようと決意、独立の宗教法人・三宝教団を設立した。「三宝」とは、仏道根本の三大要素である「仏」「法」「僧」を表す。この名称自体の中に、純粋真実の仏法護持に専念する宗教団体を造らんとする老師の強い決意と切望が認められる。
こうした教団結成の次第が明かにしているように、三宝教団の基本的性格は曹洞宗のそれである。しかし、原田祖岳老師に遡源する伝承にならい、学人をして速やかに真の自己を証得せしめんため、臨済宗門における公案参究の方法をも統合している。
  安谷老師は、日本国内はもとより、1962年以降はヨーロッパとアメリカ合衆国にも巡錫、多数の修行者の指導に当たった。1970年には管長の座を退き、山田耕雲老師に組織の最高指導を一任、1973年3月28日示寂した。

二 祖 山田耕雲老師

           


 三宝教団第二祖・山田耕雲(やまだ・こううん)老師は、1907年3月18日、福島県二本松市生まれ。1943年満州において、河野宗寛(こうの・そうかん)老師の指導の許、初めて参禅。1945年本土に戻った後、鎌倉・円覚寺の朝比奈宗源(あさひな・そうげん)老師の許で、さらには大船・黙仙寺の花本貫瑞(はなもと・かんずい)老師の許で、坐禅修行に専念。しかし在家のまま僧侶にならず、経済界における活動を継続。その占めた地位の中で最も重要なものは、財団法人・東京顕微鏡院の理事長職であった。
  山田老師は、1950年に原田祖岳老師から受戒。この縁がもとで、原田老師門下の安谷老師との接触に至り、1953年に安谷老師を招聘、「鎌倉白雲会」を結成し、鎌倉にて毎月の坐禅会を催すことになった。同年、山田老師は尋常を越える証悟体験を得、やがて1960年嗣法。その後1967年三宝教団の正師家に任命され、3年後、教団の管長職に就いた。


                                            ● 三雲禅堂ものがたりへ

三 祖 窪田慈雲老師

           



  窪田慈雲(くぼた・じうん)老師は1932年東京生まれ。1949年に安谷老師の弟子となり、1970年に室内を畢了。1973年の安谷老師遷化の後は、山田耕雲老師に師事。1983年に三宝教団正師家に任ぜられ、1985年に山田耕雲老師に嗣法。1989年9月、山田耕雲老師の遷化に伴い翌月三宝教団管長職に就き、2004年10月までその任にあった。


四祖 山田凌雲老師



  山田凌雲(やまだ・りょううん)老師は1940年満州の生まれ。16才で安谷老師の弟子となり、1978年に山田耕雲老師の許で罷参、1985年耕雲老師より嗣法。三宝教団正師家。2004年10月、三宝教団管長に就任した。




               ● グンドラ・マイヤー老師

  三宝教団には他にも正師家がいる。瑞雲庵グンドラ・マイヤー老師(Gundula MEYER)はドイツ・リューベック市生まれ、 プロテスタントの女性牧師であるが、1977年より山田耕雲老師に師事し、禅の道に献身。数年後の罷参を経て、1987年より北ドイツ・オーホーフに禅堂を開き、以後その堂主。 また、スウェーデンの禅堂の指導にも当たって来た。2001年、窪田老師より嗣法、三宝教団正師家に任命された。


             ● 外池碧雲老師

  外池碧雲老師は1926年生まれ、1968年より安谷白雲老師に師事、安谷老師退隠の1971年より山田耕雲老師に師事。1976年より山田老師の侍者、1978年に室内了畢。長年にわたり三宝興隆会の事務局長。三雲禅堂の単頭を務めつつ神田禅会を指導、後進の指導に当たって現在に至る。2009年11月に管長の山田凌雲老師より、正師家に任ぜられた。



最初にもどる 日本語版目次 三宝教団略史 三宝教団の基本的立場

管長のメッセージ
* 禅は宗教ではない
* 人は死なない
* デカルトは正しいか
* 禅と仕事

禅指導者と各々の禅会 三宝興隆会について 会員登録・志納金コーナー

*IDとpassword
が必要です

会員のひろば

ご案内・お問合わせ 参考文献


事務局へのご連絡は
sanbokai@gmail.com
ジャンク・メール防止のため、アドレスのリンクは外してあります。
お手数ですが、上記アドレスをお使いのメーラーに打ち込んで
ご連絡下さるようお願いいたします。